ホーム > オリオン・スクエア誕生 > 込められた夢

オリオン・スクエア誕生

「オリオンスクエア」の名に込められた夢
~光あふれる、降り注ぐ、街の広場へ~
オリオンスクエアの様子
甲府駅から7分。
明治の時代より山梨県を、甲府市を代表する商店街として確かな一時代を築きあげ、多くの人々の生活の中に輝き続けてきた甲府市中心街。
交通手段の多様化
居住地区分布の変化
経済・地価状況の好転・暗転
県外資本大型店舗の構外出店など
時代のうつろいに翻弄され、散り散りになった甲府駅周辺エリアと中央商店街エリア。
今オリオン商店街がするべきこと、果たさなければならないことは何であるか?と考えたとき、答えは「甲府市中心街を今一度一つにする」ということでした。
そこから、各地域・人は「星」である…「星を繋ぎ星座に」ならば、「通りではなく広場へ」いう発想がうまれ、私達の夢、計画の骨子が、計画自体のネーミングになるようにと「オリオン スクエア」と名づけられたのです。
前へ
次へ